カテゴリー

アクセスカウンター


since 1996/06/14

Count per Day

  • 37今日の訪問者数:
  • 47昨日の訪問者数:
  • 744月別訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:

2013年4月28~29日姫路、三宮

今回は、兵庫県へ行ってきました。
ちょうど、4/28の0時くらいに出発、新東名から伊勢湾岸道路、東名阪、新名神、名神、中国自動車道、山陽自動車道と経由して、8時くらいに姫路城へ到着した感じです。
車は姫路城周辺のコインパーキングに止めました。値段はピンキリでしたが、美術館や動物公園横の駐車場が上限800円で安かったです。

ちなみに、4/28は姫路城と好古園でほぼ一日つぶれました。
4/29は午前中に兵庫県立美術館へ行き、三宮で昼食(神戸牛)、そのままその日中に帰宅って感じでした。

姫路市街

blog-20130430-machi1 blog-20130430-machi2

だいぶ早く着いたので、姫路の町中を散策。商店街から姫路駅を見回ってきました。
ちなみに左の写真はイーグレ姫路ってところらしいです。展望台とかあるみたいですね。入らなかったけど。
姫路駅は商業施設が30日にオープンみたいです。事前準備中だったのか、人がバタバタ走り回ってたです。

なお、駅から大通りを通って姫路城へ行けますが、その途中の目立たない所に、姫路城案内所があります。姫路城に行く前に寄って案内員の人に話を聞いていくと、姫路城見学がよりいっそう楽しめますよ。

姫路城

blog-20130430-shiro04

ハリボテです。ちょうど今は、50年に一度の大改修を行ってます。工期は5年で、今はだいたい真ん中の時期ですかね。
なんでわざわざ工事中の姫路城を見に行ったかと言うと・・・

blog-20130430-shiro12 blog-20130430-shiro13

blog-20130430-shiro05今だけ、こういう角度から天守閣を見ることが出来ます。
天守閣がすっぽり素屋根で覆われており、この素屋根内がそのまま観光用の施設として、「天空の白鷺(http://www.himejijo-syuri.jp/)」という展示をしています。
天守閣にはは入れませんが、まさに天守閣を外側の直ぐ目の前で見れるところがポイントですね。
当然、工事が終わったら撤去されるので、今だけ見れる展示です。

まぁ、右の写真の様な巨大工事建造物がたくさんあるので、外観には期待しない方がいいですけどね。

blog-20130430-shiro02 blog-20130430-shiro09

この写真は内堀と天守閣下の石垣ですね。
石垣は各時代で作り直されているようで、場所によって見た目が若干違いますが、綺麗なところはこのようにすばらしい造形です。上の方が若干オーバーハングしているのは、敵が登って入りづらくする為の物です。
内堀では船に乗れますね。私は乗りませんでしたが涼しそうです。

blog-20130430-shiro03 blog-20130430-shiro16 blog-20130430-shiro17

内堀から中へ入る橋の所にある門ですね。
橋のたもとで時代劇風の衣装を着た人達が居ました。千姫とかですかね?

blog-20130430-shiro07 blog-20130430-shiro08

これは菱の門、その門をくぐった後にある池です。
まさに城の城壁から中に入る入り口で、所謂入り口はこれだけだそうです(敵に攻められたとき用の脱出口は別にある)。
この門は、手前に壁があり、外から見た敵からは見えづらい様に配慮され建てられています。
また、この入り口から入ると三方が壁の見通しの良い場所なので、攻め込まれた時に一斉に攻撃できる仕組みになってます。また、池もあるので敵は反撃しづらいし、ここに落ちると這い上がるのも困難という訳です。

blog-20130430-shiro11 blog-20130430-shiro15

左の写真は、中央の池と左の門が菱の門とその後の池です。その上側の城壁に囲まれた所が西の丸ですね。城壁自体も中は綺麗な通路や部屋があります。また、西の丸の中は日本庭園風の広場になってます。

blog-20130430-shiro14

この写真の場所は結構ロケなどでも使われるらしいです。暴れん坊将軍とかでも出てたとか。確かに素屋根が無ければ天守閣も見えていいロケーションですね。

姫路城は天守閣の見学は1時間程度ですかね。そんなに時間は掛からないです。天守閣以外にも西の丸や周りを見て回ると結構時間が掛かります。また、周辺ではバザーなどもやっていたので、時間をかければそういうのも楽しめますね。

好古園

好古園とは、姫路城の直ぐ隣にある庭園ですね。ここはすばらしく手入れがされていて、もはや写真だけで言葉は不要でしょう。

blog-20130430-kouko1 blog-20130430-kouko2 blog-20130430-kouko3
blog-20130430-kouko4 blog-20130430-kouko5 blog-20130430-kouko7 blog-20130430-kouko6

園内は複数の庭園に分かれています。どこも非常に手入れが行き届いてますね。

blog-20130430-kouko9

庭園の区画にはそれぞれテーマがあるみたいですね。これは竹林風の庭園です。
この写真や他の写真にも写ってますが、屋根の付いたちょっとした休憩場所があります。壁が無いとは言え、ここも手入れが行き届いて綺麗なので、靴を脱いで一休みすることが出来ます。
姫路城を回ると結構歩き疲れますが、その後で好古園に来るといい感じに休憩しながら歩き回れます。

blog-20130430-kouko8

池には錦鯉などが居ますが、ここの鯉だけめっちゃ大きかったです。1m以上あるんじゃないですかね?

好古園は基本的に庭園なので、普通に歩き回ればすぐに一周できますが、こういう自然に癒やしを感じる人はゆっくり回ることをお勧めします。ちなみにG/W最中でしたが、そんなに客は居なかったので、本当に癒やされますね。

超・大河原邦男展

昔からアニメに出てくるロボットのデザインをされている大河原邦男さんのイラストなどが見れる展示会です。兵庫県立美術館でやってました。
古くからはタイムボカンやガッチャマンのメカから、有名所ではガンダムとかもデザインもしてます。

blog-20130430-oogawara1blog-20130430-oogawara2blog-20130430-oogawara3

10時開館だったんですが、ほぼその時刻に到着してこの混雑です。

中は撮影禁止なので写真はありませんが、まさにすばらしいの一言でした。
全てが個性的で、30分アニメでちょっと出てきたメカでも、かなり細かくて精密なデザインをされ、ある意味一つの芸術とも言えるんじゃないですかね?
また、ご本人がデザインされたボトムズのメカを「なんでもつくるよ(http://ironwork.jp/monkey_farm/)」で、実物大に再現された物も公開されていました。動かないとは言え、背丈3mくらいの鋼鉄製なので、さすがに見入ってしまいました。

blog-20130430-oogawara4blog-20130430-oogawara5

これはおまけというか、ニュースで話題になったシャア専用オーリスが展示されてました。若干つや消しっぽくしているのがそれらしいですね。

普段から美術館などに行くことは無いんですが、こんなにじっくり作品を見たのは初めてかもしれないです。ガッツリ3時間近く見入ってました。

食べ物とか

今回もいろんな所でいろんなおいしい物を食べてきました。

blog-20130430-eat7

コレは山陽自動車道の三木SAのチャーシュー麺。普通に入ったところで普通に頼んで食べただけだったんですが、意外とスープとチャーシューがおいしかったです。

blog-20130430-eat5blog-20130430-eat6

これは、姫路にある喫茶ブラジルというところで食べたカツピラフとキャラメルソフトプリン。昔風の喫茶店って感じですが、メニューも多くておいしかったです。

blog-20130430-eat1 blog-20130430-eat2 blog-20130430-eat3 blog-20130430-eat4 

神戸と言えば神戸牛でしょう。G/Wともあり混んでいましたが、今回はステーキランド神戸館というところで食事。
店の外観は雑居ビルの中の寂れたお店風ですが、中は洋風の渋い感じ。鉄板を囲むように席が配置され、目の前で焼いてくれます。鉄板一カ所に10席くらいで、合計50席くらいありそうな感じですかね。
ちなみに神戸牛の相場は100gだいたい\3000くらいです。それより安い肉を売っている所もありますが、そういうのは神戸牛じゃないみたいです。
このお店は安価な肉から高い肉までピンキリでしたね。複数人でそれぞれ安いのから高いのまで頼んで食べ比べてみましたが、安価な肉(それでも\2000くらい)でも、すごく柔らかくておいしかったです。

G/W中だったのでどこも混んでましたが、姫路城は案外空いてましたね。普段に比べると混雑してたらしく、天守閣は一時間待ちくらいの行列が出来ていましたが、予約してたので待ち無しで入場できたし、中もそんなに人だかりが出来ていた訳でも無かったです。

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  

  

  

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.