カテゴリー

アクセスカウンター


since 1996/06/14

Count per Day

  • 2今日の訪問者数:
  • 38昨日の訪問者数:
  • 809月別訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:

新しいSSD

blog-2011-10-24-430974772また買っちゃいました的ですが、SSDです。とある記事を見ていて衝動的に買ってしまいました。
Crucialのm4という製品(CT128M4SSD2)。128GBを2台でRAID0(ストライピング)構成にしているので、実質2倍の速度・容量になります。
衝動的とは言え、今までのSSDがSATA3.0(転送速度が6GbpsになったSATA)に対応してなかったし(M/Bは対応してる)、前のSSDのスペックにも不満があったのが大きな理由ですね。


blog-2011-10-24-cmベンチマーク結果はこんな感じ












対象Sequential
Read
Sequential
Write
Random
Read
Random
Write
新SSD RAID0826 MB/s364 MB/s539 MB/s381 MB/s
旧SSD RAID0323 MB/s200 MB/s298 MB/s86 MB/s
HDD RAID0211 MB/s202 MB/s42 MB/s83 MB/s
HDD x199 MB/s121 MB/s35 MB/s34 MB/s

※数字が大きいほど早い。
CrystalDiskMark 2.2 (C) 2007-2008 hiyohiyo
Crystal Dew World : http://crystalmark.info/
略称は以下の通り。









新SSD RAID0Crucial m4 128GB(CT128M4SSD2) x2SATA 6Gbps接続
旧SSD RAID0CFD SNS1Q 64GB(CSSD-SM60NS1Q) x2SATA 3Gbps接続
HDD RAID0WESTERN DIGITAL WD5000AAKS x2SATA 3Gbps接続 500GB 7200rpm HDD
HDD x1Hitachi HDS721010CLA332SATA 3Gbps接続 1TB 7200rpm HDD

と、まぁ前のSSDから比べてもReadで2~2.5倍のスコアが出ていますね。
SSDはプチフリとか、それがなくてもWriteが遅いのがネックになりがちでしたが、今回のベンチマークではHDDの性能も軽く超えてます。
もはやHDDのシングルドライブには戻れないなぁ…
今回はニュース記事を何となく見ていて偶然発見した訳ですが、いつの間にかSSDは、こんなに進化したんですかね。しかも、値段もかなり据え置きです。(まぁ、容量的にはHDDの比較になりませんがね)
ってことで、今のスペックです。
赤字が更新した箇所。

  • CPU


    • Intel i7 2600 3.4GHz


  • MEM


    • DDR3-1600 2GB x 2(UMAX) = 4GByte

    • DDR3-1066 1GB x 2(UMAX) = 2GByte


  • M/B


    • Asus P8P67 Rev.3


  • G/B


    • nVidia GeForceGTS450(Leadtek WinFast GTS450)

    • nVidia GeForce9600GT


  • HDD


    • Crucial CT128M4SSD2(128GB SSD) x2(RAID0) … OS用

    • WESTERN DIGITAL WD5000AAKS(500G SATA300 7200rpm) x2(RAID0) … データ用

    • Hitachi HDS721010CLA332(1TB) … データバックアップ用


  • DVD


    • LG電子GH24NS50


  • POW


    • 600W(アクティス 明智光秀)


  • CASE


    • Antec SOLO



 ちなみに、今までHDD側のRAIDをソフトウェアRAID(Windows標準の)にしていました。これだと、アクセスが増えるとCPUに負担がかかるんですよね。LightwaveとかCPUに負担をかけるソフトを使っているのに、リソースが無駄で意味がないです。
その辺もM/B上のRAID0に置き換えたり、ディスクのデータ配置を頻繁にアクセスするものをSSD上に移したりとかいろいろいじったら、だいぶ快適になりました。

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  

  

  

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.