カテゴリー

アクセスカウンター


since 1996/06/14

Count per Day

  • 29今日の訪問者数:
  • 43昨日の訪問者数:
  • 917月別訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:

2011年06月12日下北半島

blog-2011-06-12-1

今回は下北半島の旅です。元々そっちがメインで青森に来た訳では無いのですが、1日時間があったのと、青森県で行ったことが無いのは下北と津軽の両半島くらいだったので、今回は近場の下北半島へ行ってきました。

blog-2011-06-12-2blog-2011-06-12-3
で、行く前に近場の海を散策。だいたい八戸-三沢の近くなんですが、防波堤などは壊れていましたね。ところどころ壊れた看板や施設があるんですが、壊れ具合から察するにこの辺にも3mくらいの波は来た様です。
この「二川目郵便局」も波で浸かって入り口にはバリケードがされては入れませんが、川沿いで立地が低いとは言え、海岸から300mも内陸なんですよね。津波のすごさがよくわかります。

blog-2011-06-12-4関係ないですが、これは何でしょうね?爆弾?

blog-2011-06-12-map今回の旅はこんな感じ。右下の三沢からぐるっと反時計回りに下北半島を一周した感じですね。時間があれば右上の尻屋崎や左下の方にも行きたかったんですが、なにぶん当日夕方の飛行機で帰らなければならなかったのもあり、このルートです。それでも300kmは超えましたけどね。高速道路なんて無いし。
ちなみに、地図上の線は移動経路(Android携帯アプリのMyTracksで記録)ですが、色の違いは気にしないでください。

六カ所村

blog-2011-06-12-5日本原燃の原発再処理施設で有名になった地区ですね。実際に行ってみるとわかりますが、自然が豊かできれいなところでした。道路も大きなところは整備されていて走りやすいです。

大間崎

途中の景色もすごくよかったんですが、写真は撮ってないので、一気に大間崎です。
blog-2011-06-12-6blog-2011-06-12-7
blog-2011-06-12-8本州の最北端。大間崎です。天気がいいと北海道が見えますが、今回はちょっと無理でした。特に何があるという場所では無いですが、遠浅のきれいな海でしたね。
石碑には「こゝ本州最北端の地」って書いてあります。上の左側の写真は大間へ行く途中の道で、ちょうど真ん中が岬ですね。上の右側の写真は岬にあるちょっとした施設で、津軽三味線を弾いてる人が居ました。


blog-2011-06-12-12-2ちなみに大間テントサイトってところに駐車場があります。車の中からはわかりづらいですが、大間崎先端の道から適当に一本分内陸側に入るとすぐにわかります。

blog-2011-06-12-9blog-2011-06-12-10blog-2011-06-12-11-2
大間崎にはお土産屋さんや食事処が数件あるので、その辺は困りません。
写真は三食マグロ丼(¥1800)とマグロ刺し定食(¥2000)でした。
大間はマグロが有名ですが、季節ではなかったのでその辺は普通でしたが、全体的にはとても美味しかったです。
美味しい本場のマグロを食べたいなら、大間港の方へ行って予約して且つ殆どの店が夕方からという、旅行者には優しくないところへ行くしか無いみたいです。。。

砂利道

ここからどのように帰るかは迷いました。大間まではほぼ太平洋側の海岸線を走ってきましたが、日曜日にもかかわらず殆ど車が走ってなく、130kmくらいで二時間半くらいで走破できました。
で、とりあえず南下して佐井村へ到着。特に見る物も決めていなかったのですが、この先はだいたい三択になります。

    • 恐山方面
    • 川内ダム方面
    • 海岸沿い

今から考えると、川内ダム方面が正解だったみたいですね。未踏の場所ともあり距離的に一番近く、恐山という名所がある恐山方面へ向かいました。
blog-2011-06-12-13blog-2011-06-12-14じゃりみちでした。しかも30kmくらい、1時間走りました。ラジオはかろうじて入りますが、携帯の電波なんて通らない山奥です。ここはさすがに大変でしたよ。。。

blog-2011-06-12-15ただ川沿いなので景色はとてもよいです。時間があればゆっくり見ながら走ったんですが、そうも行かないので、殆どスルーして爆走してました。

恐山

blog-2011-06-12-16blog-2011-06-12-17blog-2011-06-12-18
青森でも屈指の有名スポットの恐山です。元々行く予定も無く、実際に休憩程度に寄ったのですが、ここの景色もなかなかすばらしいですね。最近、綺麗になったのはごく最近のことだとか。そこらから温泉が湧いていて硫黄のにおいが立ちこめていました。
参拝するには入場料で500円程度取られます。特に周りには何も無いので、これだけが目的だとしたらちょっと物足りないかもしれないですね。

むつ市、横浜町

この辺も写真は撮っていません。結構大きな町で活気がありますね。観光名所と言える物はあまり無いですが、横浜町には比較的大きい道の駅があります。(うっかり通り過ぎてしまったので行きませんでしたが)

六カ所村、石油備蓄基地と風力発電と鷹架沼

blog-2011-06-12-19原燃の近くにある石油備蓄基地です。森で殆ど見えないんですが、一カ所だけ見えるところの近くを通ったので写真に納めました。なかなかの迫力です。

blog-2011-06-12-20blog-2011-06-12-22鷹架沼です。特に有名な観光地という訳でもなく、単に橋のところに休憩所があったので止まっただけです。ただ、沼と言ってもものすごく広くて景色のいいところでした。

blog-2011-06-12-21白鳥も居て、水草をモリモリ食べていましたよ

blog-2011-06-12-23上の水門の写真の先に見えるんですが、風力発電の風車です。上にも書いた六カ所村の風力発電と同じ場所なんですが、ちょうど石油備蓄基地の周辺にたくさん建っています。自然に溶けこんでなかなか綺麗な風景でした。

今回は一部調査不足でした。本当は大間→佐井村→仏ヶ崎(景色がいい)→川内ダム→恐山なんて経路があると最高なんですが、そんな道は無いので、選択に悩みます。
ただ、原発で騒がれているさなかではありますが、六カ所村、大間(建設中の原発がある)は自然が豊かで景色がとてもいいところでした(天気がよかったというのもありますが)。観光スポット的なところは少ないですが、主な道路は綺麗に整備されていて交通量も殆ど無いので、ブラリ旅的にはすごくいいところでした。

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>