カテゴリー

アクセスカウンター


since 1996/06/14

Count per Day

  • 6今日の訪問者数:
  • 52昨日の訪問者数:
  • 1054月別訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:

RAID操作

 なんかいろいろやらかしてしまったので、コマンドを調べたついでに備忘録として残しておきます・・・
操作を誤るとデータがすっ飛ぶのでご注意ください。

パーテーションの作成



「/dev/vda」ディスク上のパーテーションを切るときコマンド。
fdisk /dev/vda
使い方は省略。RAIDパーテーションを作る時は領域タイプをfd(Linux raid 自動検出)を使う。

RAID1(ミラー)の作成。


 たとえば、/dev/vda1と/dev/vdb1でミラーを組んで、/dev/md0を作る方法。

mdadm –create /dev/md0 –level=1 –raid-devices=2 /dev/vda1 /dev/vdb1
あるいは
mdadm –create /dev/md0 –l1 –n2 /dev/vda1 /dev/vdb1
※オプションを省略形で書いているだけで、どちらも同じ意味

作成後、マウントする前にファイルシステムを作成して空っぽのディスクにする(ファイルシステムがext3の場合)。

mkfs.ext3 /dev/md0

なお、ミラーディスクを作るとまずそれぞれのディスクが同期を始めます。これが終わらない状態でサーバを落としたりすると起動しなくなったりするので注意です。同期状態の確認方法は以下のコマンド。

cat /proc/mdstat

RAIDを解除する


 当然、mountを解除してから実行します。/(root)や/varなどはmount解除がそう簡単にはできないので注意(やり方は割愛します)。
以下、/dev/vda1・/dev/vdb1でRAIDパーテーションの/dev/md0ができている想定。

mdadm –misc –stop /dev/md0
この後、「cat /proc/mdstat」で確認すると「/dev/md0」が見えなくなってます。
mdadm –misc –zero-superblock /dev/vda1 /dev/vdb1

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>