カテゴリー

アクセスカウンター


since 1996/06/14

Count per Day

  • 30今日の訪問者数:
  • 31昨日の訪問者数:
  • 970月別訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:

munin備忘録

サーバのリソースをお手軽にグラフ化できるmuninですが、いろいろいじってるので備忘録として残しておきます。

  • munin

本体。HTMLデータを作ったりしてる。実体は/etc/cron.d/muninにあり、そこで定期的にデータを作ってる。
設定は、/etc/munin.conf。監視ノードを追加したい時には、以下のような行を追加すれば良い。

[Nickname]
address 192.168.1.xxx
use_node_name yes
  • munin-node

所謂監視エージェント。こっちの実体はデーモンとして稼働している。
設定ファイルは/etc/munin-node.confで、通常は変更不要だが、munin本体が別サーバにある場合は、以下のように通信許可の設定をする必要がある。

allow ^192\.168\.1\.2$
  • munin-node-configure

いろいろ、プラグインの設定支援をしてくれる。
CentOS5の場合は実体は/usr/sbin/munin-node-configureだった。

munin-node-configure

プラグイン一覧と、利用状況が表示される。

munin-node-configure --suggest

プラグインが使えない原因などを教えてくれる。特にコメントが出ていなければたぶん使用可能。

munin-node-configure --shell

使用可能っぽいプラグインを追加する為のコマンド(lnコマンド)をリストしてくれる。「munin-node-configure –shell | sh」とすれば一発登録も可能。

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  

  

  

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.