カテゴリー

アクセスカウンター


since 1996/06/14

Count per Day

  • 3今日の訪問者数:
  • 38昨日の訪問者数:
  • 810月別訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:

KVMのインスコ

 


 KVMの本が出たので早速買ったんですが、CentOSのことが書いてない・・・。Fedoraは書いてあるけど、若干違う?
 とりあえず、環境構築の検証で何度もインストールをしてるんですが、さすがにメモをとらないとヤバいので、メモついでにブログっておきます。

OSのセットアップ

x86_64のCentOS5.5ベースでいってます。
32ビット版Linuxを入れてもメモリが4GBに制限されるし、ホストOSが64ビットなら、ゲストOSは32ビット・64ビットどちらも選択できるので幅が広がります。
★選択するソフトウェア
 ホストOSは最小構成にします。
セットアップ中のソフトウェアの構成では、GUIを使いたいのでGnomeを選択します。あとなんだっけ?アプリ関連はすべてOFF。サーバはデフォで印刷が選択されてるのでそれもOFF。
確かベースシステム関連と、GnomeくらいしかONにしてなかったかも。
仮想化関係は後で入れるのでOFF。
★ディスクパーテーション
ディスクパーテーションでは、LVMを選択ですが、以下のような感じにしました。

LVM名 割り当て マウント先
LV00_root 4G /(ルートパーテーション)
LV01_swap 4G swap
LV02_web 4G Webサーバ用
LV03_fs 4G ファイルサーバ用サーバ用
LV04_vm 4G その他検証サーバ用1
LV05_vm 4G その他検証サーバ用2
LV06_vm 残り(8Gくらい) その他検証サーバ用3

VM関連はマウントさせる必要が無いんですが、セットアップに怒られるので渋々設定。後でマウントを外します。
あ、ちなみに32GのSSDを使ってます。
OS部分をここにつっこんで、データ部分はディスクでミラーを組むつもり。
CentOSはフルインストしなければ、4GBでだいたい50%前後を消費します。
★ネットワーク
 固定IPを振ります。サーバがDHCPなんてあり得ないので(後で変更してもいいけど)
★その他
 NTPを有効にします。仮想化環境はホストOSの時計さえ合わせればOKなので。
 あと、SELinuxはよくわからんのでOFF。

OSのセットアップ後のいろいろ

OSを最新化します。

yum update

KVMを有効にします。LVMもGUIでいじりたいので、ついでに追加。
サーバの温度監視などもホストOSでさせたいので、lm_sensorsも追加しています。


yum install system-config-lvm lm_sensors kvm kmod-kvm kvm-qemu-img libvirt python-virtinst bridge-utils virt-viewer

「libvirtd」をデーモンとして起動するように設定。

chkconfig libvirtd on

「lm_sensors」の有効化。だいたいデフォルトで行けるけど、マザーボードの仕様などにもよるので、詳しくは書きません。

# sensors-detect

不要なデーモンを止めます。
「chkconfig –list | grep 5:on」で自動起動するデーモンの一覧が見えます(CUIベースならgrep 3:onね)。私は以下のような感じに、デーモンを止めました。

# chkconfig acpid off
# chkconfig autofs off
# chkconfig avahi-daemon off
# chkconfig bluetooth off
# chkconfig cups off
# chkconfig firstboot off
# chkconfig gpm off
# chkconfig haldaemon off
# chkconfig hidd off
# chkconfig iscsi off
# chkconfig iscsid off
# chkconfig mcstrans off
# chkconfig messagebus off
# chkconfig netfs off
# chkconfig nfslock off
# chkconfig pcscd off
# chkconfig restorecond off
# chkconfig rpcgssd off
# chkconfig rpcidmapd off
# chkconfig sendmail off

基本ポリシーとしては、ホストOSでは極力サービスを提供しないようにしたいので、NFSとかsendmailなどの止められそうなネットワークサービスは止めます。その他セキュリティ系・H/W性能向上/計測系のサービスは動かします。H/Wへの直接アクセス系はホストOSで動かすべきだと思うので。

# chkconfig --list | grep '5:on'
anacron         0:off   1:off   2:on    3:on    4:on    5:on    6:off
atd             0:off   1:off   2:off   3:on    4:on    5:on    6:off
auditd          0:off   1:off   2:on    3:on    4:on    5:on    6:off
cpuspeed        0:off   1:on    2:on    3:on    4:on    5:on    6:off
crond           0:off   1:off   2:on    3:on    4:on    5:on    6:off
ip6tables       0:off   1:off   2:on    3:on    4:on    5:on    6:off
iptables        0:off   1:off   2:on    3:on    4:on    5:on    6:off
irqbalance      0:off   1:off   2:on    3:on    4:on    5:on    6:off
kudzu           0:off   1:off   2:off   3:on    4:on    5:on    6:off
libvirtd        0:off   1:off   2:off   3:on    4:on    5:on    6:off
lm_sensors      0:off   1:off   2:on    3:on    4:on    5:on    6:off
lvm2-monitor    0:off   1:on    2:on    3:on    4:on    5:on    6:off
mdmonitor       0:off   1:off   2:on    3:on    4:on    5:on    6:off
microcode_ctl   0:off   1:off   2:on    3:on    4:on    5:on    6:off
network         0:off   1:off   2:on    3:on    4:on    5:on    6:off
ntpd            0:off   1:off   2:off   3:on    4:off   5:on    6:off
portmap         0:off   1:off   2:off   3:on    4:on    5:on    6:off
rawdevices      0:off   1:off   2:off   3:on    4:on    5:on    6:off
readahead_early 0:off   1:off   2:on    3:on    4:on    5:on    6:off
readahead_later 0:off   1:off   2:off   3:off   4:off   5:on    6:off
smartd          0:off   1:off   2:on    3:on    4:on    5:on    6:off
sshd            0:off   1:off   2:on    3:on    4:on    5:on    6:off
syslog          0:off   1:off   2:on    3:on    4:on    5:on    6:off
xfs             0:off   1:off   2:on    3:on    4:on    5:on    6:off
yum-updatesd    0:off   1:off   2:on    3:on    4:on    5:on    6:off

あと、/etc/fstabを編集してマウント不要なVMパーテーションを消しておきます。

ネットのブリッジ設定。

KVMのネットは、なんだかデフォでNAT構成になってるそうです。VM毎にIPを振る場合はブリッジ構成にした方がいいので、ホストOSをブリッジにします。
以下は、セットアップ時に固定IPを振ってる場合のやり方。

# cd /etc/sysconfig/network-scripts
# cp ifcfg-eth0 ifcfg-br0
# vi ifcfg-br0
※「DEVICE=eth0」を「DEVICE=br0」へ変更。
※「TYPE=Bridge」を追記。
# vi ifcfg-eth0
※「IPADDR」「NETMASK」「NETWORK」「BROADCAST」の項目を削除
※「BRIDGE=br0」を追記。

再起動と環境確認

 なんか、KVMが再起動時に有効にならないとか、デーモンを止めたりとかしてるので、とりあえず再起動します。
ネットの設定を失敗してると再起動後にリモート接続できなくなるので注意です。
再起動後、「lsmod | grep kvm」で以下の表示が出れば、正常にKVMが稼働しています。

# lsmod | grep kvm
kvm_intel              86920  1
kvm                   226208  2 ksm,kvm_intel

あとはゲストOS入れたりとか。

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  

  

  

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.