カテゴリー

アクセスカウンター


since 1996/06/14

Count per Day

  • 7今日の訪問者数:
  • 52昨日の訪問者数:
  • 1055月別訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:

ヴァーチャライゼーション

blog-2009-08-21-vm「仮想化」のことなんですが、今サーバのリプレースを考えてて、VMWareでfedora11の検証をしてます。
※fedoraは、旧RedHat Linuxですよ。
VMWareとは簡単に言うとパソコンを仮想化したソフトウェアです。
パソコンにVMWareをインストして、起動するとウインドウの中に仮想PCが起動して、そこに新たなOSを入れることができます。
だから、Windows上にLinuxを2つも3つも入れられます。まぁ、リソースの許す限りですが。
ちなみに、VMWareの製品の中には、直接パソコンにインストールできる物もあります。つまり、パソコンの電源を入れるとVMWareが突然起動し、そこからWindowsやLinuxを起動できるらしいです(そこまではまだやったこと無いけど)。
何がいいのかと言うと、OSが仮想マシン上で起動するので、実際の機器の構成(たとえばCPUとか)を変更しても、VMWareさえ動けば、その上に動くOSから見れば、構成は変わってない(仮想マシン上で動いてるので)訳で、リプレース時に手間が省けます。
極端な話し、日常使ってるパソコン上で仮想マシンを起動してそこにセットアップし、環境や動作確認ができたら、本番のサーバ上の仮想マシンに移すなんてことも可能なのかなぁ…なんて考えてます(まだ試した事が無いけど)。
これってすごくないっすか?

サーバリプレースの話し

 ノートPCも買ったことだし、メインPCと共有できるファイルサーバが欲しいなぁというのが発端。今のサーバがfedoraの古いバージョンなので、もうyumでセットアップ出来ません。
ずっと手動でアプリを入れてきたけど、そろそろもう少し楽な運用をしようと思います。
目標はこんな感じ。

  • GUIで管理しよう(今まではずっとGUIを使ってなかった)。
  • いい加減SELinux(セキュリティを強化したLinux)を覚えよう。
  • GUIでもリモート管理(サーバ用にモニタなんて用意したくない)。
  • なんか仮想化に興味が出てきた。

 Web用サーバとファイルサーバを同一にするのは危ないけど、それこそ2つの仮想OSを同一マシン上に起動して、論理的に分けるなんて出来ればなぁなんて、ちょっと妄想してます。現実的には厳しそうですけどね。
とりあえず、GUIをリモートで使えるようにVNCを検証中です。トップの画像はWindows上で起動したVMWare(Webベースの管理ツール)と、VNCでLinuxにつなげてる画像です。
上海はなんかハマッタので載せましたw

おもしろいよね上海って。

まぁ、もう少し検証を進めます。

fedoraとVMWareについて

fedora11はLinuxですよ。当然フリーです。
VMWareはまぁそう言う製品ですが、以下の製品はフリーでダウンロード出来ます。

  • VMWare server(米国サイトにあります。国内サイトには無いけど、何故かググルと引っかかる。Windowsなどにインストールする)。
  • VMWare Viewer(見るだけなので意味なし)。
  • VMWare ESXi(Windowsなどでは無く、直接ハード上から起動できるVMWare。結構機械を選ぶらしいけど、まだ未検証)。

 

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>