カテゴリー

アクセスカウンター


since 1996/06/14

Count per Day

  • 7今日の訪問者数:
  • 52昨日の訪問者数:
  • 1055月別訪問者数:
  • 2現在オンライン中の人数:

VMWare

blog-2008-01-23-3 VMWareはLinux使いな方には有名だと思いますが、パソコン上で仮想マシンを動かすツールです。
 よく、VMWareをLinuxエミュレータ(Windows上でLinuxを動かす物)と勘違いされがちですが、VMWareはWindows等から仮想的なパソコンを起動できるので、「PCエミュレータ」ってのが正しいです。
 なので、別にLinuxにだけじゃなくて、Windowsを起動することも出来ます。
 ちなみにLinux(UNIX?)エミュレータならcygwinが有名ですね。Windowsのコマンドプロンプトからlsとか実行出来るようになります。
 で、本題ですが、結局先日から四苦八苦しているWebDAVがうまく動いて無くて、さすがにサーバで検証はやばいなと思い、検証用のLinuxを動かす為にVMWareを導入しました。入れ方はだいたい以下のような感じです。
blog-2008-01-23-2blog-2008-01-23-1

  1. VMWare server(無償)をダウンロードしてくる。http://www.vmware.com/jp/→製品→VMWare server→Download Now
  2. VMWare serverをインストールしつつ、Linuxをiso形式で落としてくる。今回はFedoraCore8を使いました。※iso形式をCDへ焼き直す必要は無い。
  3. VMWare serverを起動して、New Virtual Machineを選択。
  4. 適当に設定。ちなみにいじったところは、メモリを512MB、HDDを5GBに設定しまいた。ちなみに5GBは結構ギリギリなので、インストールパッケージを絞るか、容量をもっと多く取った方がいいかも。
  5. 設定したら、Virtual machineを起動する前に、Edit virtual machine settingsを選らぶ。CD-ROMのところで、iso形式のファイルを指定できるから、それを事前にダウンロードしたLinuxのisoファイルで指定。
  6. Virtual machineを起動してインスコ。

 だいたいこんな感じ。あ、ちなみにVMWareはそれを動かすパソコン以上の事は出来ないので注意です。たとえばディスクの空き容量が1GBしかないのに5GB指定するとか、32bitCPUなのに64bitCPUを仮想化するとかは出来ません。
 逆にDVD-ROMとかネットワークカードとかが付いていれば、それをそのまま使えます。
 用事が済めば、仮想ディスクを丸ごとバックアップしておけば、次回そのまま使えます。
…って感じでやっと本題のWebDAVの検証が出来るよ…

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>