カテゴリー

アクセスカウンター


since 1996/06/14

Count per Day

  • 6今日の訪問者数:
  • 13昨日の訪問者数:
  • 286月別訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:

プリンタ

 プリンターと言ってもピンからキリまであるので、対象は一般家庭…つまり、ビジネス用の大型カラー複合機とか、デザイナー用の大判印刷は無視します。
 

印刷方式

 最近の一般家庭向けプリンターはインクジェット方式が一般的ですね。インクジェットと言っても何種類かありますが、ここでは割愛します。以下もインクジェットを中心に解説してみたいと思いますが、コラムに他の方式を解説してみますね。
 

コラム/インクジェット以外の印刷方式
 

  • レーザー…コピー機で一般的に使われている。感光ドラムに印刷イメージをレーザで耐電させ、そこにトナーを吸着(静電気でくっつくような感じ)させ、それをさらに磁石で引きつける感じに紙に印刷する方式。電気を食うのと、トナーを紙に定着させるのに熱が必要なので、起動時の発熱時間がかかるのが弱点かな。最近は発熱も早いみたいだけど。その辺を除けば、他の印刷方式と比べて画質の精細性、機構の堅牢性、スピードは随一ですね。
  • 熱転写…インクリボンを熱で溶かして紙に転写する方式。感熱紙という熱を加えると発色する特殊な紙を使えばインクは要らない。ただし、カラー印刷などインクの無駄が大きいので印刷コストはかなり高い。また、インクは紙の表面に張り付くだけなので、はがれることもある。
  • 昇華型…FAXでまだ使われているみたい?熱でインクを蒸発させ、紙へ蒸着させるタイプ…だったと思うw。イメージは熱転写に近いけど、ちゃんと紙にインクが染み込むので、剥がれづらい。ただ、熱転写同様にインク代がかかる。 

 ちなみにインクジェット方式の特徴は長所がインクの使用効率(他の方式に対して安価になる)と、スピード、精細性。短所は目詰まりしやすいところでしょうね。
 

プリンターメーカ

 キャノン、エプソン、HP、OKI、ゼロックス、ブラザーなどがありますね。
インクジェットはキャノン、エプソンでしょう。実はHPとかもそこそこ強いようで、最近は知りませんがNECのインクジェットはHPのOEMとかそういうのもあるようです。

 一時期、キャノン、エプソンで勢力争いをしていましたが、最近はキャノンが上なのかな。ちょっと特徴を挙げてみたいと思います。

キャノン
マニアックなポイントですが、機構がしっかりしてる気がする。
エプソン
インクが色あせしづらい?色が綺麗(ただしインク代がかかるっぽい)。今はわかんないけど、当初からインクが目詰まりしやすい機構。

 どちらを選んでもいいと思いますが、私個人的には昔からキャノンを使っています。エプソンは機能が華やかだけど、機械としての寿命に難があり?キャノンは比較的地味だけど、丈夫なイメージ。
 まぁ、目詰まりとかはどっちもするし、最近は機能/機構共に差が小さいかもしれないね。

インク

 インクジェット方式は案外変色が激しいです。最近は写真画質レベルで印刷出来るのが普通ですが、そのまま壁に貼り付けて飾っているとすぐに変色しますね。エプソンはその点強化してるようだけど、どうなんだろう?

 インクタンクが沢山入っています。通常は3〜7本くらい入ってますが、多いとランニングコストがかかります。少なすぎも微妙ですが、一般家庭なら4〜5本くらいのでいいでしょう。

 通常は黒がよく使われるので、黒のタンクが多きい機器とかの方がいいかも。

デジカメとの連動

 たとえば、デジカメ、プリンタ共にPictBridgeというのに対応していれば、USBケーブルで直接接続して印刷が出来ます。デジカメから印刷対象や紙の大きさの選択、あるいはサムネイル印刷にしたりなど、いろんな操作ができるようですね。
 あとは、メモリカードをプリンターに差して、プリンター側の画面で選択/印刷できるタイプがあります。仕組みが複雑なのでややプリンターの価格が割高なようですが。

複合プリンター

 プリンターの他にスキャナ(紙などをスキャンして取り込む機構)を備えており、通常の印刷の他、コピー(あるいはFAX)、また取り込んだ画像をパソコンに保存ができたりいろいろできるプリンターです。

メリット
個別の機能を個別に買うよりも安いし、場所の節約にはなるかも。
デメリット
単純なプリンタより割高(トータル的には安いけど)。筐体が大きい。

 以下に挙げる細かい要素が無い場合もあるようですね。

その他の選択要素

給紙トレーと両面印刷
給紙トレーとは紙を入れる箱のような物で、カバーがあるので、紙を置きっぱなしでプリンターがホコリまみれになっても、紙は守れます。
CD/DVD印刷
CD/DVDに直接ラベルを印刷できます。専用の白いCD/DVDでないとダメですが、最近は普通に売ってますね。この機能は好きな人にはたまらなくいいでしょう。
ロール紙
最近聞きませんが給紙が楽です。ただし、相当印刷する人以外は不要だと思います。ホコリまみれになるので…。

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>