カテゴリー

アクセスカウンター


since 1996/06/14

Count per Day

  • 11今日の訪問者数:
  • 48昨日の訪問者数:
  • 1266月別訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:

SSDをホットリリースしてみる

新しいサーバを作りながらいろいろと調べてるけど、今回はサーバの全面からディスクの抜き差しが出来る機器を買ったので、せっかくだからディスクのホットリリース(電源を入れっぱなしでディスクの抜き差し)を試してみました。

[…]

ハイブリッドHDDを買いました

今まで使ってたデータ用のディスクから警告が出たので買い換えました。 ちなみに元サーバ用でディスクで2010年から酷使してたら1台は警告、1台は注意表示になってましたね(RAID0なので2台です)。まぁ、だいぶ酷使してた環境と言えるので、しょうが無いかな。

あたらしいディスクはハイブリッドHDDです。通常のHDDと8GBのSSDが合わさった感じですね。 大容量のキャッシュが追加されたイメージです。

[…]

サーバリプレース完了

新しいサーバへの移行が完了しました。 今回の主な目的は老朽化というよりグレードアップかな。 元々Linux KVMで仮想化をしているんですが、性能が低すぎて仮想マシンを作れない状況にあったので、その辺を打破した感じです。 まぁ、前の機械が2010年7月に構築した物だし、なにげにHostOSのディスクがミラーされてない&エラー出しまくりだったので、ちょうどいい機会かなと。

[…]

サーバのお値段

現在サーバの構築中ですが、実際にパーツ代がいくらかかってるのか気になったので計算してみました。

種別 品 スペック 単価 数 小計 CPU Intel Core i7-2600S 2.80GHz 26,470 1 26,470 M/B GIGABYTE GA-H77M-D3H – 9,980 1 9,980 MEM UMAX Cetus DCDDR3-16GB-1333 ※@1で8GBx2を2つ買ったので、実質8GBx4=32GBです。 8GBx2 7,970 2 15,940 SSD Crucial CT128M4SSD2 SSD 128GB 12,780 2 25,560 HDD Seagate ST1000DM003 HDD 1TB 9,319 2 18,620 CASE SOLO2 – 8,980 1 8,980 POW […]

新しいSSD

また買っちゃいました的ですが、SSDです。とある記事を見ていて衝動的に買ってしまいました。 Crucialのm4という製品(CT128M4SSD2)。128GBを2台でRAID0(ストライピング)構成にしているので、実質2倍の速度・容量になります。 衝動的とは言え、今までのSSDがSATA3.0(転送速度が6GbpsになったSATA)に対応してなかったし(M/Bは対応してる)、前のSSDのスペックにも不満があったのが大きな理由ですね。 ベンチマーク結果はこんな感じ 対象SequentialReadSequentialWriteRandomReadRandomWrite 新SSD RAID0826 MB/s364 MB/s539 MB/s381 MB/s 旧SSD RAID0323 MB/s200 MB/s298 MB/s86 MB/s HDD RAID0211 MB/s202 MB/s42 MB/s83 MB/s HDD x199 MB/s121 MB/s35 MB/s34 MB/s ※数字が大きいほど早い。 CrystalDiskMark 2.2 (C) 2007-2008 hiyohiyo Crystal Dew World : http://crystalmark.info/ 略称は以下の通り。 新SSD RAID0Crucial m4 128GB(CT128M4SSD2) x2SATA 6Gbps接続 旧SSD RAID0CFD SNS1Q 64GB(CSSD-SM60NS1Q) x2SATA 3Gbps接続 HDD RAID0WESTERN […]

修理

 3月末にマザーボードを交換してみましたが、なんだか調子がよくない。フリーズが多かったです。 なんていうか、GigabyteのM/Bは最近イマイチですね。別に故障が多いとは思ってないけど、全体的な機能デザインもイケてない感じです。以前はもっと使い勝手がよかったのに…。それに対して、Asusは洗練されてきてる感じがしています。組み立てや設定が楽です。 いろいろ考えたんですが、調子が悪いまま騙し騙し使い続けるのもアレだし、CPUをi7に交換してから1年経過したこともあるので、エイヤでグレードアップしました。 「またかよ!」とか言われそうですが、またですw 赤いところが変化点です。 CPU Intel i7 2600 3.4GHz MEM DDR3-1600 2GB x 2(UMAX) = 4GByte DDR3-1066 1GB x 2(UMAX) = 2GByte M/B Asus P8P67 Rev.3 G/B nVidia GeForceGTS450(Leadtek WinFast GTS450) nVidia GeForce9600GT HDD CFD CSSD-SM60NS1Q(60GB SSD) x2(RAID0) … OS用 WESTERN DIGITAL WD5000AAKS(500G SATA300 7200rpm) x2(RAID0) … データ用 Hitachi HDS721010CLA332(1TB) … データバックアップ用 DVD LG電子GH24NS50 […]

修理

 メインマシンのHDDが局所的に毎月壊れるという事態になったので、マザーボードを交換しました。 当然、HDDだけじゃなくケーブル交換とかもしたけど、時々LANが認識しないとか微妙によくない動きをしていたので、その辺を総合的に加味して交換した感じです。 CPU Intel i7 930 2.8GHz MEM DDR3-1600 2GB x 3(UMAX) = 6GByte DDR3-1066 1GB x 3(UMAX) = 3GByte M/B Gigabyte GA-X58A-UD3R(Ver.2) G/B nVidia GeForceGTS450(Leadtek WinFast GTS450) nVidia GeForce9600GT HDD OCZSSD2-1VTX30G(30GB SSD) x2(RAID0) … OS用 WESTERN DIGITAL WD5000AAKS(500G SATA300 7200rpm) x2(RAID0) … データ用 Hitachi HDS721010CLA332(1TB) … データバックアップ用 DVD LG電子GH24NS50 POW 600W(アクティス 明智光秀) CASE Antec […]

64bit

パソコンをスペックアップしました。ちなみに今回の変更目的は、 Lightwaveのレンダリングで、メモリ3GByteでもメモリ不足になる。 メモリ購入 メモリ4GB overにするには、今の32bitOSじゃダメ。 Windows7 64bit版の購入 なんか、3rdモニタ(Buffalo GX-DVI/U2を使ってUSB接続)がWin7 64bit版で動かない(DWM.exeが死ぬ)。 グラボ購入 グラボを二枚差しにしたら、400W電源では足りないみたいで不安定 電源購入 …という感じです。 で、今のスペックはこんな感じ。 CPU Intel i7 930 2.8GHz MEM DDR3-1600 2GB x 3(UMAX) = 6GByte DDR3-1066 1GB x 3(UMAX) = 3GByte ※合計9GByte。トリプルチャネルで、DDR3-1066側をクロックアップして、全体がDDR3-1600に見えてる感じ。 M/B Asus P6X58D-E G/B nVidia GeForceGTS450(Leadtek WinFast GTS450) nVidia GeForce9600GT HDD OCZSSD2-1VTX30G(30GB SSD) x2(RAID0) Hitachi HDS725050GLA360 x2(RAID0) Hitachi HDS721010CLA332(1TB) DVD […]

三画面その2

 半年くらい前にパソコンのモニタを三画面にしたんですが、ちょっと左右に広すぎでした。 で、友達との話の中で偶然縦置きのモニタの話題になってひらめきました。左右のモニタを縦置きにすればいいのかと。 モニタを縦置きにするのは、ワープロをやる人には一般的ですね。文書がとても見やすくなります。 三画面の場合は、左右のモニタを縦にすることで、正面は広く、左右はメールやネットの画面が縦に見やすくなります。左右に広すぎるのも緩和されますね。 ただ、だだっ広いだけじゃなく、機能的になってきました。

Intel i7

 パソコンをスペックアップしました。 CPU:Intel i7 930 2.8GHz MEM:DDR3-1066 1GB x 3 = 3GB(トリプルチャネル) M/B:Asus P6X58D-E G/B:nVidia GeForce9600GT HDD: OCZSSD2-1VTX30G(30GB SSD) x2(RAID0) Hitachi HDS725050GLA360 x2(RAID0) Hitachi HDS721010CLA332(1TB) DVD:LG電子GH24NS50 ケース:Antec SOLO やっと、i7を導入。メモリがトリプルチャネル(3枚のメモリへ平行でアクセスすることで、アクセス速度が三倍になる)のおかげで、Windowsのパフォーマンス評価が上限に達しました。CPU(プロセッサ)評価も、もうすぐ上限。HDDについてはプライマリが一番遅いHDDに向いてるので値が低いのかも。 前のPCケースだと、CPUクーラが収まりきらなかったので、新しいケースを購入。これ自体が静音ケースとのことでしたが、組んでみたら確かに静か!静かってレベルじゃなくて、ほとんど無音です。静音FANを使っているとは言え、FANが6つもあるのにこの静かさはすごいです。 http://www.links.co.jp/items/antec-case/antec-solo.html

三画面

新しいモニタを買いました。 そろそろ大きな画面、というかグラフィックをやるには目の細かい画面の方がいいので、そういうのを買いました。 QWXGA(2048×1152)という解像度なんですが、この大きさで一般的なWUXGA(1920×1200)より若干細かいです(本当に若干ですが)。 あと、反応速度も5msということで、ゲームをやる分にも申し分ないです。 この2つのバランスとコストパフォーマンスでこれにしました。 で、もともとデュアルディスプレイだったので入れ替えるつもりだったのですが、せっかくなので三画面にしました。 1台はUSB接続なんで描画が遅いですけどね。 目の前が画面だらけです。

Solid State Driveその6

 かなり以前に書いたSSDなんですが、いわゆる「プチフリ(一瞬パソコンが固まること)」に悩まされてしばらく使ってませんでした。 「プチフリ」はSSDの仕組み上しょうがないもの…だったハズでしたが、実の所JMicron製のJMF601またはJMF602というコントローラを使用している機器に多いということが判明。 簡単に説明すると、「プチフリ」自体は内部的に常に起きているが、JMicron製のこのコントローラはその緩衝材となる内部キャッシュが少ないなどの仕様上の問題があり、それが表面化してるらしい。  最近のSSDは内部キャッシュの多いドライブや、コントローラを二重化するなどして改善してるとのこと。 Amazon:B001PLUF6W ってことで、今回はOCZの「OCZSSD2-1VTX30G(30GB SSD)」を購入。RAID0(ストライピング)構成にするのもプチフリ対策としては効果的とのことなので、2つです。 で、ベンチマークの結果(今回購入のが「新SSD」) 対象SequentialReadSequentialWriteRandomReadRandomWrite 新SSD361.412 MB/s189.873 MB/s233.404 MB/s157.148 MB/s 旧SSD293.477 MB/s126.850 MB/s249.246 MB/s58.782 MB/s HDDx151.654 MB/s53.268 MB/s22.981 MB/s41.357 MB/s HDDx2192.488 MB/s186.912 MB/s44.701 MB/s97.591 MB/s HDDx4198.281 MB/s207.331 MB/s48.361 MB/s101.837 MB/s ※数字が大きいほど早い。 CrystalDiskMark 2.2 (C) 2007-2008 hiyohiyo Crystal Dew World : http://crystalmark.info/ HDDx1…RAIDなしの単発(ただし製品がほかのHDDと違うが性能はほぼ一緒)。 HDDx2…ディスク2本でのRAID0。 HDDx4…ディスク4本でのRAID0。 新しいSSDはコントローラの改善とかで、以前のよりスペックアップしてるのもあるけど、HDDのRAIDと比較してもかなりの差がでてますね。 なにより、プチフリが体感では全く感じられないのがいいすね。 ちなみに今回のSSD購入のきっかけはHDDx4のRAIDの調子が今ひとつだったことなんですが、それよりも高い性能がでてるので、さらに満足です。 さて、JMicron製コントローラ搭載モデルはかなり安く一気に広まったので、非常に多いです。また、製品の仕様を見てもコントローラの種類なんて載ってないですね。私は以下のサイトを参考にしました。 http://www11.atwiki.jp/flashssd/pages/15.html 私が購入したのも、1台1万7千円とだいぶ高価でしたが(しかもAmazonの方が安い…orz)、この速度と安定性ならその価値もあるってモノでしょう。

[…]

燃え燃え

 よく知り合いからパソコンの修理を頼まれます。 まぁ、今回も頼まれて見てたんだけど、症状はパソコンが起動しない。起動時に「OSが見つからんよ」って英語のメッセージが出るヤツ。 いろいろ調べたんだけど、ハードディスクは異常なし。他のパソコンにさしても問題なく中身が見れる。 まぁ、「OSが見つからん」ってことはハードディスクの存在は認識しているんだろう。認識してないならそもそもハードディスクじゃないディスクから起動するハズだしね。 ただ、インストールCDからリカバリをかけようとしても認識しないので、ハード寄りに問題臭い。 …というところで、何かが変だと気がつく。なんか香ばしいにおいがする。前から気になってて埃か何かだと思ってたけど(現に砂埃が多い)、なんだろう??なんか、燻製のにおいだ。 ってことで電源ユニットをバラして(本当はバラしちゃダメだよ。耐電してるときがあるからね)、ペンライトで慎重に調べたら、写真の通り焼けてましたよ。なんだかわかんないコイルっぽいユニットの根本が浮いてました。 普通ならヒューズが飛んで、全く電源が入らなくなったりするんだけどなぁ…焼けてるなら焼けてるで焦げ臭ければすぐ気がつくけど、中途半端な匂いだったのですぐに気がつかなかった。 とりあえず、電源を変えて動作テストをしたら動きました。 めでたし。めでたし。

1TByte

昔、CAD(パソコンで図面を書く)のアルバイトをしていたときは、HDDなんて20MByteだった。 初めて買ったHDDはアルバイト一ヶ月分の給料で買った100MByteだったな(7万円。当時はプログラミングをやってたので、この値段の価値はあった)。  それが今や1TByteですよ奥さん! 1TByteって言ったら、1024GByte=1,048,576MByte=1,073,741,824KByte=1,099,511,627,776Byteって言う途方もないデータ量です。一兆文字ですな。フロッピーだと100万枚になります。 ちなみに¥7000でした。  うちはHDDをストライピング(RAID0)にしてるので、データがオジャンになる確率が高いので、そのバックアップ用に購入しました。 まぁ、それからいろいろと紆余曲折して、今のパソコンのスペックは以下の通り。 CPU:Intel Core2Quad Q6600 2.4GHz MEM:DDR2-800 2GB x 2 = 4GB M/B:Asus P5Q G/B:nVidia GeForce9600GT HDD: Western Digital WD10EADS(1TB) Seagate ST3320613AS(320GB) x 4(RAID0)  SSDは読み込みは確かに早いんだけど、書き込みの遅さに我慢できなくてやめましたw

Solid State Driveその5

 故障の疑念があったSSDですが、初期不良交換してきました。 そんな訳で改めて再構成してみたところ全然安定しました。 変な疑念が取れてよかった(^^  改めて性能を測ってみたんですが、やはりSSDはReadとWriteで差が出ますね(Writeが遅い)。逆にランダムアクセスには非常に強いです。デフラグとかほとんど必要ないでしょう。  とりあえず、寒いと起動しないとか、Windowsの不安定さが払拭できてよかった。

Solid State Driveその4

 前のブログで、 寒いのは苦手。 と書いたけど、どうもSSDディスクが壊れているっぽい?雰囲気がしてきました。ちょっと調査の為取り外してます。 代わりと言ってはなんですが、HDD4本でのストライピングをやってみた。 対象SequentialReadSequentialWriteRandomReadRandomWrite SSD293.477 MB/s126.850 MB/s249.246 MB/s58.782 MB/s HDDx151.654 MB/s53.268 MB/s22.981 MB/s41.357 MB/s HDDx2192.488 MB/s186.912 MB/s44.701 MB/s97.591 MB/s HDDx4198.281 MB/s207.331 MB/s48.361 MB/s101.837 MB/s ※数字が大きいほど早い。 CrystalDiskMark 2.2 (C) 2007-2008 hiyohiyo Crystal Dew World : http://crystalmark.info/ HDDx1…RAIDなしの単発(ただし製品がほかのHDDと違うが性能はほぼ一緒)。 HDDx2…ディスク2本でのRAID0。 HDDx4…ディスク4本でのRAID0。  ん~。なんかおかしいな。HDDx1→HDDx2では単純に性能が二倍になるはず。数値的には4倍近くになってる。また、HDDx2→HDDx4でも二倍になるはずがほとんど変化なし…。  なんか、HDDx2の値が怪しい。 まぁいずれにしろ、SSDの速度は目を見張るものがあるので、早いところ修理して使いたいな。

[…]

Solid State Driveその3

注意:不安定な動作の原因は機械の故障でした

 先日導入したSSDですが、かなりのじゃじゃ馬で馴らすのに時間がかかりましたが、やっと落ち着いてきました。ちょっと使っていて気になったのは、

デフラグがうまくいかない? RAID0ではストライピングサイズを最小にするといいみたい。 寒いのは苦手。

 デフラグについては標準のではなく、PerfectDiskというツールを使っていますが、止まりますね。その後使ってないので本当にダメなのかはわかりません。

 RAID0(ストライピング)は、M/B上のファームウェアの設定で行ってるんですが、作成する時にストライピングサイズが選択できます。デフォルトは64KBでHDDの場合はそれでいいらしいのですが、SSDはデータがまとまるまで書き込まないらしい特性があるそうなので小さい方が書き込みのパフォーマンスが上がるそうです。

 あとなんだか朝早くは起動しないことが多いですね。買ったSSDもそうなのですが、パソコン機器はほとんどすべて0度~40度の間という仕様になってます。なので、余裕がある機器もあれば、本当にこの温度外は厳しいのもあります。 まぁ、朝早く起動しないのは固有の問題かもしれませんが…。

 あと、ベンチマークを取ってみました。うちのM/BはS-ATAコネクタが6本あるので、RAID0を3つ構成可能です。なので、SSDとHDD(7200rpm、CACHE16MB、320GB)がそれぞれRAID0構成で繋がっています。 まぁ、うんちくは置いておいて結果は以下の通り。  

対象 Sequential Read Sequential Write Random Read Random Write SSD 293.477 MB/s 126.850 MB/s 249.246 MB/s 58.782 MB/s HDD 192.488 MB/s 186.912 MB/s 44.701 MB/s 97.591 MB/s

※数字が大きいほど早い。 CrystalDiskMark 2.2 (C) 2007-2008 hiyohiyo Crystal Dew World : http://crystalmark.info/

[…]

Solid State Driveその2

この前買ったSSDの取り付けとOSの再インストが終わりました。SSDは2.5インチサイズなので、デスクトップにはそのまま付きません。そんな訳でとりあえず5インチベイに付ける為、一端2.5→3.5インチ変換マウンタを付け、さらに3.5インチ→5インチマウンタを付けるという面倒な方法をとりました。 こんどちゃんとしたのを買おう…。 ちなみに、HDDであれば主に回転速度や転送速度で性能が決まるけど、SSDはかなり性能がピンキリな上に、あまり纏められたサイトがありません。 ってことで、今回纏めた情報。 ちなみにSP032GBSSD650S25ってやつを今回は買いました。 ReadWrite OCZSSD2-2C30G170 MB/s98 MB/s PE32GS25SSDR175 MB/s100 MB/s FTM32GL25H150 MB/s100 MB/s TS32GSSD25S-M123 MB/s60 MB/s SHD-NSUM30G150 MB/s90 MB/s CSSD-SM32NJ165 MB/s95 MB/s SP032GBSSD650S25168 MB/s145 MB/s ASE1032GSAMPL??? MB/s??? MB/s PF25S32GSSD170 MB/s100 MB/s DK9320G154 MB/s90 MB/s  体感的には音が全くしないので気持ち悪いですね。動きもなかなか早いです。時々書き込みが死ぬほど遅い(あるいはパソコンの負荷があがる)のが気になります。普通に使ってる時は大丈夫なんだけどね。 あと、なんかデフラグがうまくいってない風です。PerfectDiskというデフラグソフトもあるんですが、それも途中で止まりました。 HDDとはシステムコールが違うのかな。 どーでもいいけど、今回買ったマウンター。表示がマウ「ソ」ターになってますw ところで、前に使っていたHDDですが、こんなところがぶっ壊れました(SATAのコネクター)。IDEの場合は多少グラグラやっても金属のコネクターだから大丈夫だけど、SATAはプラスチックなのでポッキリいきます。  …とりあえずアロンアルファーで修復かな…

[…]

Solid State Drive

ゲームとかをする場合、パソコンのスペックをかなり必要とするが、実際何が必要なのか? CPU?最近はクロック周波数では語れなく、Pentium4 2GHzより、Core2 2GHzの方が圧倒的に早い。その上デュアルコアやクアッドコアで、もはや行き着くところまで来た感がある。そもそもデュアルコアでゲームをやってもCPU負荷が100%になることはほとんど無い。 メモリ?最近は大暴落で2GByteくらい積んでるでしょ?(ゲーマーなら)それくらいあれば十分です。 グラフィックカード?確かにゴージャスな画面のゲームも多いが、それを求めるならPS3でもやればいい。 ・・・と、まぁ前置きはこのくらいにしておいて、実はハードディスクがボトルネックになっていることが多い。  ハードディスクはご存じ、円盤状の鉄板の上の磁性体をヘッドが読むことでデータを読むが、駆動部分がある以上もはや速度は限界に達している。 ゲームとかはテクスチャを読むのにかなりのディスクI/Oが発生するので、結構影響があるし、そもそもゲームをやっている間もディスクアクセスは発生してます。  そこで登場したのがSolid State Drive(以下、SSD)。簡単にいうとSDカードのでかいので、要するにハードディスクと同じ機器仕様で中身は不揮発性メモリーというモノ。まだ速度的には難があるが、それでも駆動部分が無い分、静かだし、早いし、省電力です。  まぁ、それを買ったんですが、うちはハードディスクでストライピング(後述)をしてます。SSD1つよりも早いので、SSDでストライピングをやる為に2つ買ってきました。  まだ値段は高いけど、32GBで¥7600也。ストライピングだと64GBになります。家のCドライブは40GBなので、スワップディスクを別に作ってもおつりがきます(データ領域は今まで通りのハードディスク)。 まだ買ってきただけなので、セットアップは週末にやります。 ※ストライピング  RAID0とも言われるけど、ディスクを二本同時アクセスすることで、アクセス速度を二倍にする方法。単純なベンチマークなら綺麗に二倍になります。容量も2台分なので、32GBx2なら64GB。 弱点は冗長性が無いので、故障率も二倍。1台が壊れるとデータが全て消えます。なので、バックアップは必須になります。

マイPCをグレードアップ

 休みを利用して日頃使っているPCをアプグレードしてみました。 CPU : PentiumD2.8GHz → Core2Duo E6400 MEM : 1GByte → 2GByte って感じ。これに伴い、マザーボードをAsusのP5B-E Plusへ変更。  今回の変更はこれだけ。心配だった、WindowsXPのアクティベーションもすんなりクリア(新しいPCとは見なされなかったので、前のライセンスのままインスコ)  性能はUPしてるけどまだ実感できずって感じです。  ぜんぜん関係ないが、Googleのデスクトップのサイドバーって新しくなったのね。なんか半透明でWindowsVistaのアレみたい。デスクトップ検索は使ってないけど、これはよさげだね。

1 / 212