カテゴリー

アクセスカウンター


since 1996/06/14

Count per Day

  • 9今日の訪問者数:
  • 46昨日の訪問者数:
  • 1130月別訪問者数:
  • 1現在オンライン中の人数:

lightwaveのFiberFX

 最近、久しぶりにlightwave3D v9.6の体験版をダウンロードしてきて遊んでます。その中にFiberFXという主に生物の体毛の作成を支援してくれるツールがなかなかおもしろい。 ちょっとメモがてらにご紹介。 まず、曲線を作成します。「ドロー」ってのが、いい具合のスプライン曲線なので、作りやすいです。 ちなみに、曲線の書き方で、根元と先端が決まります。ポリゴンを選択した時に、こんな感じで◇が付く方が根元です。逆になった場合は、反転すれば直ります。 ざざっと、線を引いたら、セットアップタブのファイバーFX→ストランドメーカを選択します。クリックすると、選択されたレイヤーから、新たな線レイヤーが作成され、これが繊維の元になります。 古いの曲線ポリゴンはこれで用済みなので、削除してOK。  レイアウトツールに転送して、ウィンドウメニュからイメージプロセッシングを選びます。ピクセルフィルタに「Fiber Filter」を追加(ここで何故か名前がFiberFXになる)して、プロパティを開きます。 プロパティではオブジェクト毎に設定が出来ますが、同一オブジェクトに複数の設定をしたい場合は、コピーして、質感設定別にとかも設定化。 線ポリゴンに対しては、重力やサーフェイス(質感)別の設定は出来ません。 1本の線ポリゴンに対して、いくつの線を引くか(Max Fiber Density)とか、ウェーブ(Fiber Kink)、アホ毛の量(Stray)、あるいは毛の密度(Tuft)等を設定します。 後はレンダリングするとこんな感じ。ストランドメーカで作成した線ポリゴンは、モデラー上でIKの様な編集が出来るので楽ですね。元となるドローで作成した線ポリゴンも残しておいた方が便利かもしれません。  ちなみに、面ポリゴンに対しては、その面から毛を生やすイメージの動作になります。その為、重力設定や質感(Surface)を指定が可能になります。 ※面ポリゴンに、うっかり線ポリゴンが混ざると、このsurface設定ができなくなるんすよね。これにはハマりました。 こんな感じで、お気軽に質の高い髪の毛が作れます。

Windows7その2

結局その後、MainPCのディスクの空き容量がどうしても足らなくなり、ディスクを買ったのだが、ついでにWindows7のDPS版(*)を入手。 導入してちゃんと使ってみた。ちゃんと使うとやっぱり感触は違うね。 特に前回のブログに書いていたガジェットの部分。何となく違うと感じていたところが、はっきりとわかった。 以前は「サードバー」の中に格納されていたが、Win7はサイドバーが存在せず、デスクトップ上ならどこにでも置ける。Vistaにも似たような機能があったが、あれとは違う。 サイドバーの時は、ガジェットとガジェットとの間が妙に広かったが、そういう無駄なスペースが無い分、すっきりと格納できる。入りきらないから次のページボタンが現れるというVistaの時のような理不尽さは無い。 次に「クラシック表示」関連。結論から言うと、前回のブログに書いたクラシック表示が見つからないというのは、表示の仕方を変えただけで、存在していることがわかった。  この画像はコントロールパネルだけど、見ての通り、表示選択の場所が明らかに変わっている。「クラシック」と「新しい」と分けてないだけで、ビューの一つとして存在してる感じかな(コントロールパネル以外のところもだいたい同様の変化がある)。 エクスプローラのツリーはわかりづらい。これは何なんでしょうかね? まずはお気に入り。Vistaの時はツリーが分かれていたけど、同一ツリーに組み込まれた感じ。 次にライブラリ。これは追加可能。でもなんで標準でこれが設定されてるのとか、お気に入りとの差別がよくわかんない。 次に旧マイドキュメント。お気に入りやライブラリの他にあえて分けている理由が不明。 で、やっとCドライブとかが見えてくる。 これはちょっとイイなぁと感じた機能の一つ。壁紙を複数選べます。選んだ壁紙が定期的に差し変わります。なんてことない機能なんだけど、なんか新鮮さが増して、作業がはかどります。 スタートメニュー。Vistaとさほど変わりは無いね。強いて言えば、シャットダウンがVistaのアイコンより圧倒的にわかりやすい。 さて、前回のブログで散々酷評しつつ、Windowsがすべて悪い訳じゃないって書きました。何故、WindowsがここまでGUIにこだわるのか?過去の「Windows95でGUIの革新に成功→大幅に売り上げアップ」ってのが忘れられないってのもあると思う。 もう一つ、ユーザが機能を求めないところにも理由があるんじゃないかなと思う。Windows95以来、このタスク管理機能をカスタマイズするフリーウェアはあまり見ない。使ってる人もあまりいない。 ただ、Windows95の時にスタートメニューが登場して以来、目的のプログラムにたどり着くのは大変だと思ってます。  はたして、このスタートメニューは便利でしょうかね? ちなみに、私はこの画像の様にカスタマイズしています。 タスクバーは標準の「下」では無く、「左」に配置。この理由は以下の通り。 ウインドウを開きすぎると、ボタンが小さくなって読めない(縦配置の方が、ボタンがたくさん表示できる)。 上に配置すると、「×」や拡大・縮小ボタンを押しづらくなる。右に配置すると、スクロールバーを扱いづらくなる。 タスクバーは自動的に隠す。これで、デスクトップが広く使える。 ツールバー上に、よく使うアプリを配置。これで、起動時はワンクリック。 ちなみに、このカスタマイズはすべてWindowsの標準機能で、フリーウェアなどは使っていない。  別にこの設定がどうという話では無く、パソコンは様々な機能を自分の好きなようにカスタマイズし、自由な用途で使うツールであると思っています。 しかし、最近はインターネット端末だったり、ミュージックプレイヤーだったり、市販のパソコンに入っているツールをそのまま使う程度にしか使われてないことが多いです。 ちょっと本を読めば、こんなカスタマイズはいくらでも載ってるし、こういうことを通じて慣れていけば、何倍もパソコンを使いこなせるようになるはず。  携帯電話がパソコン並の機能を持ったとか、ネットブックという機能を制限して、安い端末が発売されたなんてのもあるけど、世の中がそれだけで十分と感じていることに非常に疑問を感じる。 コンピュータにはもっと可能性があるはず。世の中のこういった流れは、世の中の進化では無く、人間の退化じゃないかなぁ…なんて、感じてたりします。 マニアックだなんて、本当のマニアから見れば素人の言い訳にしか最近は感じますね。 (*)Windows7 DSP版…パソコンの部品とセットで無ければ買えないが、中身は普通のWindows7で値段は安い。市販のパソコンに入ってるWindowsも同様に、中身が普通で値段が安いのだが、それと同じ販売形態です。

[…]

Windows7

 別に新しい物好きでは無いんだが、以前買ったノートパソコンが偶然にもVistaからの無料バージョンアップ対象だったので、Getした。 ほとんど触ってないけど、ちょっといじった感想。 全体的に  なんか、「クラシック表示」が見あたらない。あるいは切り替えし辛い。Vistaまでは、例えばコントロールパネルを開いたときの見た目は、メニューで以前の見た目に切り替えが出来た。  他にもExplorerの左ツリーも、Vistaでは新しい表示(お気に入りリンク)と古い表示(単純にディレクトリツリー)が混在してたけど、7ではそれを混ぜた感じ。  昔からWindowsを使っていた私としては、ちょっと困る。っていうか新しい表示が初心者に対していろんな意味で優しいものならいいんだが、見た目だけ艶やかにして、中身がスカスカのハリボテ気分がしてならない。  気持ちはわかるんだけどねぇ…(同じ機能を2つも要らない)。 GUI  写真とかでみるとあまり変わった感じがしないけど、実際はだいぶ変わっている。  まず、サイドバーはなんか良くなった。「何が?」と聞かれても困るのだが、一言で言うと柔軟性が増してます。  タスクバーは大分変化があるが、個人的にはイカンと思う。もともとWindowsのタスクバーはまだ改善の余地があると思ってた(なので普段はすごくカスタマイズして使ってます)。 大切なのは「直感的に」「素早く」アプリの起動や切り替えができることだと思うんだけど、マウスカーソルを当てたり、クリックしてウインドウを全面に持ってこないと中身のわからないタスクバーは、もはやタスクバーの意味が無いのだが(スタートメニューもしかり)。  あ、ちなみにスタートメニューの使い勝手はVistaとほとんど変わらないです。 パフォーマンス  体感ではわからないっす。若干スムーズになったかな。 その他  ユーザーアカウント制御がウザい。Vistaから導入された機能で、コントロールパネルのように素人が触ると危ない所にアクセスすると警告が出る機能だが、Vistaの時と同様の方法でOFFにしても出てくる。 どうも、機能を段階的に切れるようなので、たぶん他に設定があるんだろう…  まだ使い切れてないところもあるけど、あまり魅力を感じなかった。 巷で7の評価が高いのも、Vistaの評価があまりにも悪かったののギャップだしね。民主党に投票したのは、民主党がイイんじゃなくて、自民党がダメだからっていうのと同じレベル。だから、Vistaに比べたらいいんじゃないかな。  ただ、Versionが上がるにつれて残念だと思うのは、拡張性や遊び心がどんどん低くなってること。昔は、WindowsをMacのようにするフリーウェアとかあったけど、今はそういうのが無いよね。  そう言う意味では、最近のLinuxのCompiz Fusionはすごいと思う。 http://www.nicovideo.jp/watch/sm1326685http://www.nicovideo.jp/watch/sm1326685 無意味な機能が目立つが、そもそも使いたい機能を利用者が自由に選べるし、拡張性も高いのでヘビーユーザにも優しい点が優れている。  そもそもOSに必要な事を考えてみると、例えばパソコンにHDDを2台入れて、OSを一つ目、データ(マイドキュメント)を二つ目のディスクに入れたとする。そうすると、OSのVersionUpする度に、データをバックアップする必要は無くなるとか、OSがクラッシュしてもデータは残るとか、パソコンが壊れた時に、データディスクだけ引っこ抜いて修理を出せるとかメリットがある(データディスクがクラッシュしたら元も子もないが)。  「OS」ってこういう、利便性や保守性・耐障害性を向上させるものじゃなかったっけ? 未だにマニアックな人しかそういうことが出来ないんだけどなぁ。Windowsの向かってる方向って違う気がする。 ユーザーアカウント制御はそう言う保護機能かもしれないけど、「データで保管するとネットに漏洩する危険がありますので、紙で保管しました」って言ってるレベルと大して変わらない気がするんだよねぇ。  まぁ、こういう流れはWindowsだけが悪い訳じゃないけどね。続きはまた後日書きます。

InternetExplorer8

 ダウンロードしてみました。早いっす。 以前、GoogleClomeのレビューを書いたけど、負けず劣らずの早さです(体感的には差はわかんないので、使い勝手の問題)。  個人的にはタブブラウザのSleipnirを使ってるんですが、これもブラウザエンジンはインストールされているIEを使うので、体感速度が速くなってます。 まぁ、たぶんすぐになれてどーでもいいことになりそうな気もするけどね。 IE8 XP IE8 Vista/Win2008

google chrome

 ちまたで話題のWebブラウザgoogle chromeを入れてみた。  感想はと言うと話題にあがっている通り、表示が速いですね。なんて言うか見せ方が旨いです。ただ、結局見せ方だし、よっぽどJavascriptとか手の込んだサイトじゃない限り、そんな極端な差は出ません。正直気持ちの問題かなと思いました。  その他としては、UIがシンプルの割に秀逸な感じがします。悪く言うと素人向けでは無いですが、多少慣れた人なら直感で行けるかなという程度。 タブの操作は見た目上「+」と「×」だけ。URL入力欄と検索欄が一体になってるのもどうかなと思いましたが、思った以上勘違いを起こさないです。 主なボタンも進む、戻る、リロード、お気に入りへの追加しかなくて、それ以外はメニューの中に入っていますね。  とりあえず今のところ閲覧できないサイトは無し。雰囲気的にはアップルのSafari(iPhoneとかに使われてるヤツ)ににてますね。スタイルシートの再現のしかたなんて特に。 ※追記:似てるっていうかそのもので、iPhoneと同じWebKitっていうレンダリングエンジンを使っているらしいです。  インストールもあっという間に終わるので、ちょっとしたサーフィンに用意しておくと便利かもしれません。

WindowsVista導入

実は日常使用しているPCのHDDが4年前に購入した物で結構空き容量が厳しくなったので、新しいHDDへ換装ついでにWindowsVistaを導入しました。  今更かよって思う人もいるかもしれませんが、最近の私は新しい物にさほど反応しなくなり、まずは安定的に動く物が優先になっちゃってるところがあります。  VistaはもうすぐSP1が出るので待った方がよかったんですが、まぁそのときはダウンロードすればいいだけだから、無視してます。  で、使ってみた感想ですが、以下の通り。 サイドバーはいいですね。かなり気に入りました。 スタートメニューは使いづらいです。XPの時はクラシックに変えて使っていましたが、XPよりさらに使いづらくなった気がします。 AQUAデザインは悪くないですね。人によってはクドイと思うかもしれませんが、私はそんなに嫌いじゃありません。むしろ、WindowsXPの最悪な色合いに比べたら全然いいです。 全体的に制限が厳しい設定になってます。制限を解除してXPレベルになるらしいですが、それにしても使いづらくて話になりません。 システム的にはHomePremiumは「ターミナルサービス(リモートデスクトップ接続)」と、ダイナミックディスクが非対応です。これは個人的に非常にきつい。バックアップディスクがダイナミックディスクにしてたので、データ移行にちょっと苦労しました。 インストールは楽でした。もともとドライバーが揃っているのも楽な理由の一つですけどね。 IEはIE7がデフォなので、IE6に慣れてる人には違和感が多いかも。個人的にはSlepnirを使ってるので影響なしです。 *explorerが使いづらいです。なんか、すごく変わりました。 マイドキュメントもなくなりました。代わりの機能がありますが、マイドキュメントのようにシンプルではないので、たとえばDドライブを丸ごとマイドキュメントとかってのはできないっぽいです。  ってことで、総合的にはかなり厳しいです。カスタマイズとかできる人ならそれなりに使いやすく設定ができるかもしれませんが、XPとかに慣れててあまり細かい操作などができない人には厳しいでしょうね。

近況〜

 夏休み1日目です。 もう、昨日までガッつり働いてたので、ヘトヘトです。 IT業界なので、体を使うことは少ないけど、中途半端に頭と体を使う仕事ってのは結構体にキますね。  肉体は使いませんが、仕事なんてそれにどれだけ情熱を傾けているかで、IT系も肉体労働系も関係ないってことです。  まずは、昨日見つけたツール。 http://tadamatu0001.web.fc2.com/  家系図が作れます。家系図以外にも、たとえば恋愛系マンガでよくあるキャラクター相関図みたいのも作れるみたいですね。シェアウェアですが、そういうのってたとえばMS-WordやExcelとかでも作るのが面倒なんですよね。  次に今回の夏休みネタ。  ここのWebページは、FSWikiを使っています。プラグインはいくつか自作していますが、このWikiサイトを生成するCGIを作っちゃおうかなぁと画策中。まぁ、途中で飽きるかもしれないけどね。  今日は、兄弟の所へ引っ越し祝いっていうか押しかける予定。ついでに久々に都心へ行くので早めに出て買い物かな。東京ミッドタウンとかにも行ってみたい気もするけど、さすがに昨日までの疲れで気力が出ないのでヤメ。