カテゴリー

アクセスカウンター


since 1996/06/14

Count per Day

  • 13今日の訪問者数:
  • 36昨日の訪問者数:
  • 941月別訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:

CentOS8サーバセットアップメモ

 前に書いたCentOS7のメモのCentOS8版です。ほとんど内容は変わりません。相変わらずほとんど私的なメモです。

CentOS8セットアップ関連

セットアップ備忘録(超私的)

  • CentOS6以前は、/bootにxfsが使えない。/bootはソフトミラーもできない(LVMで強引にできるけど、あとで痛い目を見る)
  • 主なパーティションサイズ(アプリデータを別に入れると想定した場合)
    /boot…500M。長期間運用サーバなら1GB
    /(root)…GUI無し5G(だいたい2~3GB使用)、GUI有り10G(だいたい5GB使用)
    /var…5GB(だいたい1~2GB使用)
    swap…2G以下ならメモリx2。8G以下ならメモリと同容量。8G以上なら8GB。
  • CentOS6で作成されるデフォルトユーザのuidは500からだが、CentOS7は1000からになるので、データ移行する際には一応注意する。

セットアップ後の備忘録(超私的)

  • /etc/hostsをいい感じにする
    /etc/fstabの「defaults,noatime」にする
  • UID変更
    usermod <変更する項目> <USER>
    ※項目の指定方法は後述のuseraddと同じ
  • SELinuxを無効可(/etc/sysconfig/selinux→SELINUX=disabled)
  • firewalldを止めたくないけど止める
    # systemctl disable firewalld
  • ~ここで再起動~
  • dnf update
  • ~ここで再起動~
  • dnf install nmap epel-release tmpwatch rsync mailx zip unzip wget tcpdump openssh-clients dnf-automatic
    – 仮想化ゲストならacpidも入れる
    -MariaDB(Client)を使うならmariadb-libsも入れる
    – NFS(Client)を使うならnfs-utilsも入れる。
  • dnf install figlet screen
    • これらはepelからの導入
  • vi /etc/ssh/sshd_config
    rootで直接リモートログインを許可しない
    PermitRootLogin no
  • vi /etc/profile.d/banner.sh

#!/bin/sh
figlet -f banner -w 100 $HOSTNAME
figlet -f banner “<“$USER”>”

  • グループ追加
    • # groupadd -g <GID> <GROUP>
  • ユーザ追加
    • # useradd -u <UID> -g <GID> -d /home/<USER> -m -s /bin/bash -c <コメント> <USER>

ゲストOS作成

OSを格納する仮想ディスクの作成。これは動的拡張するqcow2のファイル

# qemu-img create -f qcow2 aaa.qcow2 15G
Formatting ‘aaa.qcow2’, fmt=qcow2 size=16106127360 cluster_size=65536 lazy_refcounts=off refcount_bits=16

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>